ニキビとストレスの関係性〜メカニズムとストレス解消法〜

ニキビとストレスは多いに関係性があり、普段からのストレスをどう解消していくかが大事になります。ここでは、ニキビとストレスの関係性や解消法んどをお伝えしていきます。
MENU

ニキビとストレスの関係性〜メカニズムとストレス解消法〜

思春期ほどニキビができやすいこともなかったのに、社会に出て仕事に忙しく追われたり、人間関係等にに悩む機会が多くなってから急にニキビが増え出したという経験がある人は多いと思いのではないでしょうか?

 

それくらいストレスはニキビにとって大きな原因の一つになります。ストレスが直接的にニキビを引き起こすことはもちろんですが、ストレスによる様々な体の変化などが間接的にニキビを引き起こすケースもあります。

 

つまりそれだけストレスは様々な要素からニキビを引き起こす原因になってしまうのです。以下、ストレスがニキビを引き起こす原因を詳しく見ていきましょう。

 

ストレスによるニキビの原因

ストレスは心身を緊張した状態にします。すると自律神経においては、緊張状態をつかさどる交感神経が副交感神経よりも優位になります。交感神経は男性ホルモンの分泌を促進する作用があるため、その状態が続くと男性ホルモンの量が増えていきます。

 

男性ホルモンは皮脂分泌を増やし、角質を厚くするため、毛穴が詰まり、ニキビの発生や悪化を招きます。ストレスが続いたり、どんどん蓄積したりしていくと、それに伴ってニキビの悪化も進む可能性があります。

 

思春期ニキビも男性ホルモンが影響している?

「炎天下に外出してしまった!」と不安にかられている人も心配しなくてOKです。ただ、要領を得たスキンケアを実施することが要されます。でもとにもかくにも、保湿をすることを忘れないでください!
肌荒れを快復したいなら、有効な食べ物を摂取して体全体より治していきながら、身体の外部からは、肌荒れに役立つ化粧水を用いて抵抗力をアップさせることをおすすめします。
ニキビ肌に対してのスキンケアは、完璧に洗って何の役にも立たない角質だの皮脂といった汚れを除去した後に、しっかりと保湿するというのが最も大切です。これは、身体のどこに生じてしまったニキビであったとしても変わるものではありま
せん。
血液の循環が劣悪化すると、毛穴細胞に欠かせない栄養素を送り届けられず、新陳代謝も乱れてしまい、挙句の果てに毛穴にトラブルが発生するのです。
思春期ニキビの誕生であったり激化を抑制するためには、自分自身の生活の仕方を改善することが必要不可欠です。可能な限り念頭において、思春期ニキビを予防してください。
ニキビとストレスの関係
ニキビにつきましては、ホルモンバランスの不安定が素因だとされていますが、睡眠が満足に取れていなかったり、ストレスを抱えていたり、食生活が満足なものでなかったりという状況でも生じると指摘されています。
敏感肌の元凶は、ひとつではないと考えるべきです。そういった事情から、良い状態に戻すことを目的とするなら、スキンケアというような外的要因は当然の事、ストレスとか食事といった内的要因も振り返ってみることが必要だと言えます。
スキンケアを実施することにより、肌の各種のトラブルも起こらなくなりますし、化粧乗りの良いまぶしい素肌をゲットすることが適うのです。
年を取ると、小鼻に多い毛穴のブツブツが、ほんとうに忌々しく思ってしまうものなのですが、ブツブツ状態になる迄には、かなりの年月がかかっているはずです。
皮膚の新陳代謝が、とりわけ盛んに行われるのが寝ている時間帯だから、適切な睡眠時間を取ることができたら、肌の新陳代謝が一段と盛んになり、しみが消失しやすくなるのです。

常日頃、呼吸に注意することは少ないでしょう。「美肌に呼吸が影響をおよぼすなんて!?」と疑問に思われるでしょうが、美肌と呼吸は切っても切れない関係にあるのは今や明白です。
真面目に「洗顔を行なわずに美肌を実現してみたい!」と考えているなら、誤解してはいけませんので「洗顔しない」の実際的な意味を、100パーセント頭に入れることが求められます。
肌荒れを治癒したいなら、日頃より安定した暮らしをすることが必要だと思います。殊に食生活を再検討することによって、体の内側から肌荒れを正常化し、美肌を作ることが理想的です。
乾燥しますと、毛穴の周りが固い皮膚になってしまい、閉じた状態を保持することが難しくなります。それ故に、毛穴に化粧の残りや汚れ・雑菌といった不要物質が入り込んだままの状態になるというわけです。
アレルギーに端を発する敏感肌というなら、病院で受診することが要されますが、生活サイクルが素因の敏感肌のケースなら、それを直せば、敏感肌も修復できるはずです。

 

 

生活習慣の乱れによる間接的なストレスによるニキビ

ストレスは様々な要因でカラダの不調や心の乱れを引き起こします。そして、生活習慣の乱れて間接的にニキビを招く可能性が高くなっるのです。以下のような生活習慣の乱れが当てはまる場合は注意が必要になります。

 

便秘

胃腸は臓器の中でも最もストレスの影響を受ける臓器です。逆に捉えれば、ストレスも受け入れて、身代わりになってくれているともいえます。
ストレスによって、イライラする、怒る、悲しい、憂い、クヨクヨする、などの負の感情は胃腸に深く関係してきます。このような感情は「便を緩くしたり、固くしたりする」こともよくわかっており、胃腸機能自体を傷つけて「便秘」になりやすい傾向があります。これらを「ストレス性便秘」ともいいます。

 

腸は、これらの有害物質を吸収して、血液を通して肌に運びます、そして皮脂や汗などと一緒に有害物質を排出するのです。当然、有害物質を肌から排出することでターンオーバーが乱れる原因となり、ニキビが発生しやすくなってしまいます。

 

睡眠不足

ニキビが発生する理由は、世代別に異なります。思春期に額にニキビが生じて嫌な思いをしていた人も、思春期が終了する頃からは1個たりともできないという前例も数多くあります。
一度に多くを口にしてしまう人とか、元から食事することが好きな人は、常に食事の量を削るよう留意するだけでも、美肌に好影響がもたらされます。
表情筋はもとより、首とか肩から顔に向かって付着している筋肉だってあるわけですから、そこが“老化する”と、皮膚をキープすることが簡単ではなくなり、しわが現れてくるのです。
アレルギー性が根源となっている敏感肌というなら、医療機関での治療が大切だと思いますが、生活サイクルが素因の敏感肌だとすれば、それを良化すれば、敏感肌も修復できると言っても間違いありません。
思春期ニキビの誕生であったり深刻化をブロックするためには、あなた自身の生活の仕方を再検討することが必要だと断言できます。是非気にかけて、思春期ニキビが発生しないようにしてください。
ニキビとストレスの関係
目の近辺にしわがありますと、急激に外観上の年齢をアップさせてしまうので、しわの為に、人に視線を送るのも怖気づいてしまうなど、女性でしたら目の周りのしわというのは大敵だというわけです。
起床後に利用する洗顔石鹸は、帰宅後と異なりメイクまたは汚れなどを洗い流すわけじゃありませんので、肌に優しく、洗浄力も可能なら強力じゃないタイプがお勧めできます。
「ここ数年は、どんな時も肌が乾燥しているようで気がかりだ。」ということはないでしょうか?「単なる乾燥肌でしょ!?」と放ったらかしにしていると、深刻になって恐ろしい目に合うこともあり得るのです。
乾燥状態になると、毛穴の周りが硬化することになり、閉まった状態を維持することができなくなるのです。結局、毛穴に化粧の落としきれなかったものや雑菌・汚れが詰まった状態になるのです。
肌の潤いがなくなって毛穴が乾燥状態になってしまうと、毛穴に悪影響が及ぶ元になると考えられてしまうから、乾燥することが多い12月前後は、充分な手入れが求められるわけです。

今の時代、美白の女性が良いという方が凄く多くなってきたと言われます。その影響もあってか、大半の女性が「美白になりたい」という希望を持っているらしいです。
思春期には全く発生しなかったニキビが、思春期が終了する頃から出てきたという人も見られます。なにはともあれ原因が存在するので、それを明確化した上で、理に適った治療法を採用したいものです。
洗顔の一般的な目的は、酸化している皮脂またはメイクなどの汚れだけを無くすことではないでしょうか?ところがどっこい、肌にとってなくてはならない皮脂まで取り除けてしまうような洗顔を実践しているケースも見受けられます。
誰もが数種類のコスメアイテムと美容関連情報に接しながら、一年を通して必死になってスキンケアに努めています。けれども、その実施法が理に適っていなければ、反対に乾燥肌になることを覚悟しなければなりません。
ほとんどが水のボディソープですけれども、液体であることが幸いして、保湿効果のみならず、種々の作用を齎す成分が各種入れられているのがおすすめポイントでしょう。

 

乱れた食生活

「ストレス過多による、普段ではありえない行動」の経験を述べてもらった調査によると、1位は「暴飲暴食」でした。
「42.0%の人がストレスでのやけ食い・やけ飲みの経験があるとしている。」という調査結果からもわかるように、ストレスによるやけ食いそのものは理解できなくもありませんが、食事の質自体も変化してしまう恐れがあります。特に炭水化物・動物性脂肪の摂り過ぎは、皮脂の分泌量を増やし、ニキビを引き起こすことに繋がります。

 

 

心理学に基づいたストレスの解消法

ここまででもおわかりの通り、ストレスに関わることはニキビももちろんですが、過度になるともっと深刻なうつなどの症状を引き起こす可能性もあります。

 

ここではストレスを解消するためにとても効果的な世界でもっとも権威のある心理学団体「アメリカ心理学会」(通称APA)が提唱するストレス解消法をご紹介します。このAPAが超大がかりなストレスに関する調査を元に、科学的に実証された本当に効くストレス解消法なので、参考にしていただければと思います。

 

 

1運動・エクササイズ

 

運動・エクササイズの効用は誰しもが感じたことはあるでしょう。科学的にストレス解消の効果が実証されている点では間違いなく、短期的にストレスをやわらげるのはもちろん、長期的にストレスにも強い脳を作ってくれます。意外なほど実践までのハードルが高いのがデメリットでしょう。

 

2心を整える瞑想

 

瞑想もとても効果的なストレス解消法。血圧を下げてストレスホルモンを減らし、ネガティブな感情も消してくれます。

 

3読書

 

意外と見逃されがちなのが、読書のストレス解消効果。本を読むと知識がつくだけじゃなく、ストレスが68%も削減されるとの報告もあります。研究によれば、読む本は自分が好きなものなら何でもOKで、できれば1日30分を読書に使うと良いでしょう。

 

 

4音楽

 

研究によれば、テンポの遅い音楽を聞くだけで心拍数と血圧が下がり、実際にストレスホルモンのレベルも下がったそうです。リラックスさせる曲は自分の好みのものを選ぶのが一番良いでしょう。ヒーリングやクラシック等もリラックスにはおすすめです。

 

 

5散歩

 

天気のいい日に外を歩くのは健康にいいだけでなく、ストレスを30%も下げてくれます。お気に入りの公園やカフェに行くのに散歩でいくと、よりリラックスできておすすめです。

 

6気心知れた家族や友人と過ごす

 

友人や家族と仲が良いと自尊心と安心感が高くなり、ストレスレベルが想像以上に下がるという研究結果も出ているほどです。忙しい日常の中においてもこの時間が確実に確保出来ている人は比較的にストレスとは無縁の生活を送っているといえます。

 

7マッサージ

 

マッサージのストレス解消効果も、科学的にはかなり実証済み。臨床研究では、90分のマッサージを受けると心拍数やストレスホルモンのレベルが下がったとの報告もあります。

 

よくありがちな間違ったストレス解消法

正しいストレス解消法と、ついでに間違ったストレス解消法も知っておくいいでしょう。。

 

  1. ギャンブル
  2. ショッピング
  3. タバコ
  4. やけ食い

 

その他にもテレビゲームやネットサーフィン、テレビを見る、映画などもです。

 

あなたもこのように間違った解消法でなく、健全なストレス解消法を実践して憎きニキビを防ぐ習慣を身に付けましょう。

このページの先頭へ